NO1 TAKAMATSU

金・プラチナ/宝石・ジュエリー/腕時計/ブランド品/各種金券/iPhone・iPadの買取りはエヌオーワンにお任せください。
どこにも負けないナンバーワンプライスで買い取ります。
 087-899-2611
お問い合わせ

ブログ&速報

2021 / 03 / 08  11:46

GUCCIを買い取らせて頂きました⭐︎

image1.jpeg

皆様こんにちは☺︎

先日ホームページをご覧になられたご新規のお客様よりGUCCIのショルダーバック を買い取らせて頂きました。

たくさん買取店をまわられていたようでしたが、お値段に満足できずNO1TAKAMATSUにご来店頂きました。

小傷程度でしたので限界までお値段頑張らせて頂き、お客様にも査定額に満足して頂きました( ´ ▽ ` )

数ある買取店の中から、NO1TAKAMATSUを選んで頂きご売却、誠にありがとうございました⭐︎

 

2021 / 03 / 06  11:33

FENDIお買取しました⭐︎

FENDIお買取しました⭐︎

皆様こんにちは☺︎

先日ホームページをご覧になられたご新規のお客様よりFENDIのショルダーバックをご売却いただきました。

汚れはありましたが、ヴィンテージの中でも人気のある商品なのでお値段頑張らせて頂きましたᕦ(ò_óˇ)ᕤ

FENDIは最新のデザインがどんどん出ていますが、個人的にはやはり定番のズッカ柄が可愛いですね(*´-`)

 

数ある買取店の中からNO1TAKAMATSUを選んで頂き、ご売却誠にありがとうございました╰(*´︶`*)╯

2021 / 03 / 03  11:00

巻き芯折れからのOH作業[時計修理]

こんにちは。

今回は腕時計の修理内容をご紹介します。

IMG_8542.jpg

時計は18金コンビのブルガリのBB33GSDです。

リューズと言われる時刻を調整する部品が取れてます。

なんですけど、本来外れるとダメな部品です。

巻き芯と言われる棒の部品とくっついているのですが折れしまい、外れています。

分解してみると・・・

IMG_8544.jpg

 

完全に折れてますね。

それどころかサビの粉が大量に出てきました。

内部の機械部分にも大量に侵入してます。

本当は巻き芯のみの交換としたかったのですがお客様と相談しOH(オーバーホール)を実施することにしました。

IMG_8615 - コピー.jpg

完全にバラバラにします。

(ブレスレットのネジが予算のサビて外せなかったので相談して今回はサビたネジの交換は見送りです。)

この後、洗浄を行い1点1点ルーペで部品の状態を確認して悪い部品を交換し注油しながら組み上げます。

今回は問題の巻き芯と日送車と言われるカレンダーの部品が消耗していたので交換しました。

各パッキンと電池を交換し電子回路をテスター点検して完了です。

 

今回の原因はリューズパッキンを言われるリューズ内のパッキンの消耗により浸水しサビて折れたことになります。

NO1TAKAMASTUに修理で入ってくる腕時計でも裏蓋のパッキンは変わっていてもリューズのパッキンは交換されていない個体が結構多い気がします。

見落としがちな部品ですが、しかっり交換しないとトラブルの原因になります。

 

ちょっとしたメンテナンスや電池交換はもちろん修理やOHもお任せください。

またNO1TAKAMATSUでは修理作業中の写真のプリントアウトをお渡しするサービスや修理箇所の1年間の修理保証を付けております。

初めての方でも安心してお任せください。

またこの自社で修理ができる強みで壊れた腕時計の高価買取りも実現できますので壊れた腕時計をなるべく高く売りたい方は

ぜひNO1TAKAMATSUにお任せください。

 

2021 / 03 / 01  11:00

腕時計のベルトの修理事例[時計修理]

こんにちは。

ちょっと暑かったり寒かったりとしてますね。

体調を崩しやすい時期なので体調管理には気を付けてください。

本日は時計の修理ネタです。

腕時計も長年使用していると機械的な故障だけでなくベルトや外装部品といった機能的な部品も劣化していきます。

長年使う中で特にブレスレット(ベルト)部分のトラブルが多いです。

image0.jpeg

 

画像はヴァンクリーフ&アーペルの腕時計です。

バックルのピンが折れてしまい腕に着けることが出来なくなっております。

折れた破片を摘出して洗浄して交換する作業を行っていくのですが、

ピンと言っても長さや太さはメーカーにより様々です。

 image0 - コピー.jpeg

 

NO1TAKAMATSUではこういったシャフトを複数在庫しております。

基本的にステンレスですがステンレスのSUSと言われる規格にも様々な種類があります。

 

とにかく硬い物、腐食に強い等、少し柔らかい物など様々な特性の規格のSUSがあります。

その時計に合った適切な素材を選んで適度な長さに切り出して削って磨いて製作していきます。

 

アンティーク系の腕時計に硬すぎる素材を使うと周りの部品を痛める可能性も高いので柔らかめを使ったりという使い分けができることや、品質が確か、低コストで迅速に修理できる等のメリットが有ります。

またここの部品に関しては真贋鑑定に影響はありませんので当店ではこの方法を採用しております。

IMG_8562 - コピー.jpg

ばっちりと直りました。

今回は経年劣化とサビが折れた原因になります。

ホコリや皮脂がサビの原因になりやすいです。ピン以外の修理できない箇所になると交換しかないのですがブレスレット一式は高額な傾向が多いので、こまめに清掃を行うことでトラブルの発生をある程度抑えることができます。

使用後は柔らかい布で拭いたりして、時々外して本格的な清掃を行うとベストです。

もちろんNO1TAKAMATSUでも本格的な清掃を行っております。

相談なども承りますので近くに来られた際でもぜひお立ち寄りください。

1
2021.09.19 Sunday